So-net無料ブログ作成

スウェーデンの小学校② [travel to Sweden 08summ.]

旅の道中の話で少し途切れてしまいましたが、再びスウェーデン滞在中の様子をご紹介。
9月4日~9日の間滞在していたホストファミリー①がいる町では、前回のヤーコップの学校についていった翌日、ユリア(9歳)に付いて小学校3年生のクラスを午前中だけ見学させてもらえた。

julia.JPG
(家から学校まで自転車で3分。後ろに見える赤い建物が学校。)

8時から1時間目の授業だが、それまではみんな校庭で好きなことをして遊んでいた。
鉄棒にのぼったり・・・
tetsubou.JPG
ジャングルジムにのぼったり。
jungle.JPG

8時になるとチャイムが鳴り、一斉に教室に急いで自分の席につく。それから20分間は「読書の時間」だそうで、各自が好きな本を静かに読んでいた。マンガ(ワンピースだった)を読んでいる子もいたのでビックリしたが、これもOKらしい。前の日に行ったヤーコップの学校でも選択授業の美術の時間にマンガを描くことができると言っていたし、スウェーデン人のマンガに対する意識は、日本でいう「マンガ=娯楽・遊び」(=子どもに悪い影響)という感覚とは少し異なるのかもしれない。
そしてよく見ると、みんなかわいい手作りのしおりを使っていた。
pippi.JPG
(毛糸を顔に見立てたビーズでとめてある。長靴下のピッピのよう。)

教室の中は遊び道具などもたくさんあり、小学校というよりは幼稚園のような雰囲気。
soffa.JPG
(教室の後ろの方にはソファもある。)


20分読書が終わったら、「朝の会」のようなものが始まり、先生が1人指名して黒板にその日の日付と曜日を書かせ、今日の時間割をみんなでチェック。この日の午前中の時間割は以下の通り。

□1時間目 グループ①: Eget arbete(Own work= 自分の課題) グループ②: パソコン
□2時間目 グループ①:パソコン グループ②:Eget arbete
□休憩
□昼食

グループ①、②というのはクラスを半分に分けて、少人数で異なる授業を行うもの。クラスは全体で15名で、それをさらに半分にするので、こんなに人数が少ないなら先生も1人1人に目が行き届いてやりやすいだろうなぁと見学をしながらしみじみ考える。
data.JPG
(7人生徒に1人の先生でパソコンの授業)
この日はパスワードを入力したログインの方法と、インターネットで見つけた絵をプリントアウトする方法を学んでいた。


そして!なによりもご紹介したいのが上記の「Eget arbete(イェーゲット アルビェーテ)」、日本語で訳すると「自分の仕事(課題)」と言えるこの時間。何の授業か分からなかったので担任の先生に質問してみると、生徒はそれぞれ「Planerings bok」(Planning book=計画ノート)というものを持っていて、まず毎週金曜日に来週の勉強のスケジュールを自分たちで決め、そこに書く。具体的には「算数のテキスト○○ページまで」「国語の教科書○○ページまで」という計画を記入し、次の週にある「Eget arbete」の時間にそれを各自でこなしていくということだった。週の終りの金曜日には担任の先生にそのノートを提出し、先生はそれぞれの進捗状況をチェックして進み具合の遅い子にはアドバイスをしたりする。そしてまた来週の計画をそれぞれ立てる・・・というサイクル。

eget arbete.JPG
(それぞれの計画に沿って勉強する子どもたち)

もちろんその日取りかかる教科は自分で決めるので、同じ時間でも算数をやっている子もいれば国語をやっている子もいてさまざま。
時間割がきっちり決まっていてみんなが同じことを同じペースで学んでいく日本とは大きな違いだった。そしてスウェーデンのようなやり方をしていれば子どもたちは他人と自分の理解度を比較することもなく(クラスの中での自分の“出来”を測ることもなく)、自分で計画を立てて物事を進めていく力がつくのではないかなと思った。

2時間目のあとの「休憩」は各自持参してきたフルーツを持って上に写真で載せたソファの前に集まって座り、フルーツを食べながら先生が本を読むのを聞いていた。ユリアがいつも学校に行く時フルーツを持参していたので「何だろう?」と思っていたが、毎日この時間に食べるためのものだったのね。(ちなみにこの日は私も持参したリコーダーで「春よ、こい」を演奏。)

帰り際担任の先生とお話をし、日本の学校では生徒が一クラス40名近くいると言うと、「・・信じられないわ」と大変驚いていた。
この市では小中学校のクラスに25名以上の生徒を持つことはできない決まりらしい。
ちなみに既述のEget arbeteの時間には8名の生徒に対し2名の先生がついていて、担任の先生曰く「昨年までは私1人だけだったんですけど、大変でした。今年は1人教員が増えてとても指導しやすいです。」とのことだった。



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

春野


出会いの季節っしょ♪
一人暮らしの女とかマジですぐポンポン落ちておもしれーww
お姉さん美味しかったです(^q^)
http://fzmovv2.www.sofban.info/fzmovv2/
by 春野 (2011-04-09 10:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。